DVD教材は通信講座で

膨大な学習範囲の社会保険労務士試験。その学習における切り札として、脳科学的にも効果が立証されているDVD教材をお勧めしてきました。

しかし、すべてのDVD教材を無条件にお勧めしているわけではありません。なかには、学習を効率的に勧めるどころか、逆にストレスを与えてしまうDVD教材も存在しているからです。

ストレスを与えるDVD教材、それは、資格予備校における通常の講義を、ただ収録しただけのものです。確かに、大手予備校の有名講師による講義が受講できるのは魅力的かもしれません。しかし、視聴すればわかるのですが、講義内容以外の要素がストレスを与えるのです。

そのひとつ目が、講師が黒板やホワイトボードに書く様子がそのまま録画されていること。予備校ではテキストよりも講義に重きをおいているため、講師がポイントを板ガキするシーンがとても多く、テレビやPC画面で視聴する在宅受講生にとっては、とてもストレスとなります。

ふたつ目が騒音です。生の講義ですから、収録の場で受講してた受講生が机や椅子を動かす度に耳障りな音が頻繁に聞こえてきます。また、時には遅刻してきた、もしくは早退する受講生がカメラの前を横切るなど、実際にその場で受講しているならともかく、DVD講義を受講する我々にとっては、ストレス以外の何者でもありません。

選ぶべきDVD教材の通信講座は…

そこで皆さんに選んで欲しいのが、通信講座が在宅学習の受講生のためだけに制作した、ハイクオリティなDVD教材です。

通信講座が制作したDVD教材のどこがハイクオリティなのか。まずは、講師は大手予備校にも引けを取らない講師陣を擁していること。また、講師自らが講義内容を考案し、在宅受講生に向けわかりやすく講義しているということ。

そして、通信講座の受講生に向けてのみ制作されているため、予備校の講義で起こる目触り、耳障りなアクシデントが一切なく、始めから終わりまで集中して講義を視聴できるということです。