難関の社労士試験を克服するカギはDVD教材にあり!

突然ですが、社会保険労務士を目指すみなさんへお伝えしたいことがあります。それは、社会保険労務士試験に向けての学習法及び教材についての提案です。

みなさんは、すでに社会保険労務士試験に向けた学習を始めているでしょうか。
このサイトからの提案は、主に試験への挑戦は決意したものの、まだ学習法選びに迷っているという方に向けてお届けするものです。

いきなりですが、結論から申しあげます。選ぶべき学習法の核となる教材は、DVD教材(講義)です。IT技術が発達し普及した今、〝テキスト至上主義〟とも言える、旧来型の学習方法を行う必要はないのです。

もちろん、講義ならば資格予備校に通えば、それこそ生の講義を受講できます。しかし、多忙な社会人が数十回にも及び平日の19時頃から開催される講義に毎回遅刻や欠席することなく参加できるでしょうか?

また、資格予備校の講義は当然のことながら、予備校で開講される講義に出席することで受講できるもの。対してDVDならば、自宅はもちろん、モバイル再生機にダウンロードしておけば、どこでも受講が可能です。つまり、学習の場が予備校だけに限定されず、いつでもどこでも受講が可能というわけです。

DVDは在宅学習の新たな可能性

また、資格試験の学習の場合、よく独学でチャレンジする方がいます。ただし、社会保険労務士試験には独学はお勧めしません。その理由は簡単です。難易度が高く、例えば知識ゼロの初学者が独学により学習レベルを合格水準にまで引き上げるためには最低でも3?5年はかかる難関の国家試験だからです。

資格試験の難易度を図る上で指標となるのは合格率ですが、社会保険労務士の場合は通常7~8%程度。そう、10人に1人も受かりません。100人受けてもわずか7~8人のみが合格する、難関中の難関試験なのです。

そこで提案したいのがDVD教材です。DVD教材は在宅学習に新たな可能性をもたらすプレミアムな教材です。難関の国家資格、社会保険労務士の試験学習にDVDは必須の教材となることは間違いありません。
次ページでは、DVD教材の驚異的な効果について紹介してまいります。